育毛を意識した生活習慣や食事をしよう!

育毛を意識した生活習慣や食事
30代に入って出産や仕事でのストレスなどで髪の毛が薄く感じたり、細くなってきたなど髪の毛の変化が気になってきた人は多いのではないでしょうか。

生活習慣や食事で抜け毛が減るってご存知でしたか?今回は髪の毛にとって良い生活習慣をまとめてみました。

髪の毛にとって悪いこととは…

抜け毛の原因には、脂っこいものばかり食べたり偏った食生活・睡眠不足・タバコ・お酒等があげられます。

ざっくりゆうと悪い生活環境が抜け毛、薄毛を招くのです。ということは、この生活環境を少しずつ変えれば薄毛は改善できるということです。

では、どのようにすれば良いのか詳しく見ていきましょう。

好きなものばかり食べすぎない

髪の毛はタンパク質でできています。良質なタンパク質を作るには、タンパク質・脂質・炭水化物・ビタミン・無機質の5大栄養素をバランスよく食べる必要があります。

自分の好きなもの、特に脂っこいものをたくさん食べていると血液をどろどろにし、髪の毛や頭皮を健康に維持することが難しくなります。

皮脂も過剰に分泌されるようになり、抜け毛の原因となるので、油ものには要注意です。それ以外でも、どんなものも食べ過ぎは良くありません。

特に気をつけてほしいのが、ついつい食べがちな甘い物やジャンクフード。砂糖はタンパク質の吸収を妨げたり、ジャンクフードは脂分の取りすぎに繋がるので、なるべく避けるようにしてください。

これが育毛に良いからたくさん食べるのではなく、いろんなものをバランスよく摂取することが非常に大切なことなのですが、バランスよく食べることがどうしても難しいという人は、育毛サプリを食生活に取り入れてみるのも良いでしょう。食べ物から取りにくい成分を、簡単に補うことができます。

食生活を見直すことで、育毛促進効果だけでなく体の調子が良くなったり、肌のつやが変わってきた等良いことはたくさんあるので、是非挑戦してみてください。

睡眠不足は髪の毛の敵

仕事の時間が遅く終わる、やることがたくさんあるなど、現代人はついつい寝不足になりがちです。

知っている人も多いかと思いますが、22時から午前2時に成長ホルモンが多く分泌されるため、この時間帯はゆっくりと体を休めて眠ることがとても大切です。

一番いけないことが、昼夜逆転生活を送っている人です。この生活を送っている人は、ストレスを受けやすい体になっており、ストレスも髪の毛にとって悪い要因の一つです。

髪の毛の成長する周期が乱れてしまいますし、しっかりとした睡眠時間は育毛に非常に重要であると言えます。

タバコ・酒は控えめに

頭皮の血流が悪いと髪の毛に栄養が行き渡らなくなり、抜け毛・薄毛の原因を招きます。タバコは血液の循環を悪くする働きがあり、髪の毛のこと以外でも体に悪影響があります。

アルコールは内蔵の働きを悪くする事があるので、どちらも抜け毛に繋がると言えます。いきなり禁煙・禁酒することがベストですがなかなか難しいと思います。まずは少しずつ量を控えていくところから一度チャレンジしてみて下さい。

以上のことと合わせて育毛剤を使うことで、わかりにくいですが髪の毛に少しずつ変化があると思います。大事なのは継続することです。

髪に毛にいい生活を常に意識しながら、規則正しい生活を送っていくことで、あなたの髪の毛は変わるはずです。

https://growinghair2018.jp/